【一箱古本市】出店者情報 第1弾!こだわりのつまった5店舗をご紹介!

■雨音文庫■
米沢市にあるCAFE LABORATORY 内に昨年11月にオープンした小さな古本屋です。店主の独断と偏見で本をセレクトしています。雨の日、おうちでごろごろしている時のように、のんびりと本を選んでもらえたら幸いです。

■灯書房■
井上ひさし先生の生誕地での古本市参加楽しみです。珍しい本などはありませんが来て下さる人との楽しい出逢いと秋田県の出版本・詩集・絵本を持って行きます。
宜しくお願いします。

■うたたね■
古本市初めての参加です。雑誌とか暮らしにまつわる本が中心です。少ないですが、気に入った本ばかりなので、必要な人のところに旅だってくれたら嬉しいです。

■亡羊堂■
非ベストセラーの文芸書から、サンリオSF文庫などちょっと珍しい絶版文庫、渋い肌色中公文庫、講談社学術文庫、ムック、雑誌まで幅広く出品予定です。本も一期一会! 思わず手に取るような本を持参したいと思います。是非お寄りください。

■まちなかギャラリー アートステーション■
“アートステーション”の本店は、米沢のアーティストたちが集まって運営しているギャラリーです。今回はみんなが資料として使っていた美術本や画集、展示会のパンフレットなどを中心に集めてきました。レアな本があるかもしれませんよ。


第1弾でご紹介する5店舗は「古本市は初参加」という方から、県を飛び越えての遠征の方までさまざま!
「どうしようかな~」とお悩み中の方は参考になさってはいかがでしょうか。
まだまだご応募お待ちしております!!

140501_hitohako

広告