萃果屋 萃果屋の本だなから。【よりみちブックイベント】

食べ物で手当てをする。
からだにやさしいレシピ。
ナチュラルクリーニング。
そして、いつもの「楓」の弁当のおかずにこれらのレシピを1~2品
メニューに入れたいと思っています。
萃果屋のお勧めする本をテーブルに広げてご紹介。

萃果屋
【期間】6/21・23~27(6/21楓のおかずはなし)
【時間】10:00~18:00
【電話】0238‐24‐4119
【HP】http://blog.goo.ne.jp/naderanomori-ringoya

萃果屋
おすすめの一冊
『つたえるいのち』 真弓定夫 (人間家族編集室)
苹果屋は、今年20周年を迎えます。
20年前、まだ米沢には自然食とか安全安心な物を取り扱う店は(それが当たり前の環境のせいか)「かわった店」という感じでした。そんな中 本・物・めっけた→つまり本と物がある苹果屋はこの【つながるいのち】に背中を押された感じで始まりました。
【つながるいのち】は、1990年に小児科医の真弓定夫先生の講演を冊子にまとめたものです。20年前戦後とは全く違った日本人の食生活が当たり前となり、アレルギーの子供が増え、成人病の低年齢化があり、食生活をして環境の変化が子供たち、いや、日本人の体に様々な弊害をもたらしています。それを、目からウロコのごとく、育児の視点から話しておられます。苹果屋のバイブルとなっていると言っても過言ではありません。しかし、逆に20年たってもバイブルであるというのは、現在に至っても全く変わっていないとうショックでもあります。
だからこそ読み続け伝えていきたい【つたえるいのち】です。

広告